インドの医薬品って大丈夫?なぜインド製のジェネリックが多いの?

【 ジェネリックとは? 】

 ジェネリック製品は、後発医薬品とも呼ばれており、基本的に特許法で定められた特許期間が切れた新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を、同じ量使って製造されています。また品質、効き目、安全性が同等な医薬品の事を指します。

【 インド製のジェネリックが多い理由 】

 インドの特許法は、他国の特許法と大きな違いがあります。
 インド国内では、2005年まで新薬と同様の成分を使って全く違う製法で製造された医薬品を「ジェネリック医薬品」とする事を許されていました。2005年以降、法律改正後も製薬会社に一定の料金を支払うことで製造、販売の継続が許されているため、他国と比べて比較的容易にジェネリック医薬品が製造できるのです。
 この特有な特許法により、インドが「世界一のジェネリック大国」として知られるようになりました。