Close
Skip to content

海外医薬品個人輸入について

 医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を「営業のために」輸入するには、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。

 一方、「個人が使用する目的のために」医薬品等を輸入することは、認められています。医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の規定により、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品などを他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。他の人の分をまとめて輸入することも認められていません。
 ※医薬品等の個人輸入の詳細については厚生労働省HPをご覧ください。
 ※その他参考1:政府広報オンライン「健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入
 ※その他参考2:政府インターネットテレビ「危険です!医薬品等の個人輸入~インターネットでの購入をお考えの方へ

 個人輸入は合法でも、個人で直接外国から輸入する場合は、外国語の問題や、支払方法の手続きが容易ではありません。この個人が輸入することを、専門業者に依頼して代行させることを「個人輸入代行」と称しています。

 個人輸入代行は、海外販売元からの発送・輸出・輸入・配送の各手続きをご利用者(個人輸入者)に代わってこれらの手続きを代行するものです。個人輸入代行業者は医薬品等の承認許可などを有しておりませんので、販売はできません。勿論、在庫をかかえての販売もできません。

 弊社は、輸入代行業と称するもののうち、類型化された「受動的手続代行行為」※を行う者として、法令順守はもちろん、日本語でのサポート、料金の収受を行っています。そのため、日本円でのお支払いが可能となり、日本のお客様へのサポートを行っております。
 ※参考:個人輸入代行業の指導・取締り等について[厚生労働省]

ご利用出来る方

  • 自己責任で使用できる20歳以上の方
  • 日本の個人輸入、医薬品法律について十分な知識と理解がある方
  • 依頼者ご本人様がご依頼製品を個人使用する目的である方(代理注文及び譲渡・転売は法律で禁じられています)
  • 医師、歯科医師から処方された処方箋を持っている方、あるいは医師免許、歯科医師免許を持っている方
  • 医師、歯科医師あるいは薬剤師指導のもと、製品名・効能効果・使用方法・副作用について十分理解している方

医薬品の個人輸入の数量制限

個人が自分で使用するために輸入する場合又は海外から持ち帰る場合は、輸入できる数量が以下のとおり制限されています。輸入代行で依頼する場合も同じです。

  • 医薬品又は医薬部外品:2ヶ月分以内
    ただし、毒薬、劇薬及び処方薬は用法用量からみて1ヶ月分以内
    外用剤(毒薬、劇薬及び処方薬は除く)は標準サイズで1品目24個以内
    ※医薬部外品:軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
    ※処方薬:有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
    ※外用剤:軟膏、点眼剤など
  • 化粧品:標準サイズで 1品目24個以内
  • 医療機器 1セット(家庭用のみ)
    電気マッサージ器などのうち家庭用のものに限る

※医薬品等の個人輸入の詳細については必ず厚生労働省HPにてご確認ください。

個人輸入代行はクーリングオフは適用外

  • 個人輸入代行は、日本の法律でのクーリングオフの対象ではございません。
  • ご注文時には、十分に検討し必要な医薬品、化粧品、サプリメントのお間違いが無いかご確認のうえ、個人輸入を依頼して下さい。
  • お支払い前であれば依頼キャンセルは承ります。
  • お支払い後は輸入手続・発送手続きを行いますので、ご依頼のキャンセルはできません。
  • 一旦海外から発送(販売)された製品は返品できません。海外メーカーに返品しても再度販売する事が出来ないためです。
  • 万一ご依頼とは異なる製品が届いた場合には、正規製品の再発送を行います。正規製品の再送ができない場合は、直ちに全額のご返金を行います。

ご使用は自己責任

 弊社は、安全性に問題のある医薬品、化粧品は取り扱わないようにしていますが、効果の高い医薬品・化粧品は、常に副作用の危険性がございます。
 個人輸入の原則はあくまでも自己責任です。個人輸入の前に、医師や薬剤師に、診断、処方、アドバイスを受けられる事、ならびに医薬品等に十分な知識を得られることをお勧めいたします。
 また、ご利用に際しては、医薬品という性質上、個人の体質差での効果の違いや副作用の有無がある事も事前にご理解頂き、適正に使用して下さい。
使用について、十分な知識のない方や自信の無い方は医師や薬剤師に、確認後に利用されることをお勧めします。
 弊社では、お客様の医薬品の使用後のお体の状態、症状については一切の責任を負うことができませんので予めご理解ご了承下さい。

個人輸入の規約

 弊社はお客様からご依頼を受けて日本の法律に基づき個人輸入の代行取次を行っております。
 お客様が、個人輸入を依頼される製品については製品名および製品情報を熟知した上で依頼されているものとみなします。必ず依頼する前にルール等をお読みいただき同意してください。なお、ご依頼後は、併せて下記項目に同意されたものとなります。

  • 個人輸入は自己責任が求められます。自己の責任を持てる20歳以上の方のみがご利用できます。
  • 個人利用の為に、海外医薬品等を輸入する必要性がある場合にのみ個人輸入代行を利用すること。
  • 個人輸入したい医薬品・製品が決定されており、また輸入しようとする医薬品・製品について『医薬品名・製品名・効能効果・副作用』を熟知していること。
  • 注文する輸入医薬品・製品は個人で使用する目的の為で、日本の薬機法に違反する行為(代理注文および他人への譲渡・転売)は一切できません。
  • 万一、使用上いかなる問題が生じても、当社への責任追及・訴訟・補償請求は一切できません。個人の責任において使用するものです。
  • 料金支払後は医薬品・製品が外国から発送されます。料金支払い後のキャンセルはできません。
  • 同時に弊社以外の業者に個人輸入を依頼すると、薬機法上で制限されている数量を越えることがあります。この行為は、薬機法違反となりますので、制限数量を超えての同時注文はしないでください。
  • 戦争、テロ行為、暴動、天変地変、法令の改廃・制定、公権力による処分・命令、同盟罷業その他の争議行為、輸送機関の事故、その他の不可抗力により、個別契約の全部または一部の履行の遅滞または不能が生じた場合、当社への責任追及・訴訟・補償請求は一切できません。